つぶちゃん~Twitterまとめ~

話題のつぶやき(ツイート)収集癖あり

    スポンサーリンク
    ※埋め込みツイートが読み込まれない場合は少し待つと表示されます。ツイートが削除されたり鍵垢になったものは文字だけになります。

    タグ:イチケイのカラス

      にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ このエントリーをはてなブックマークに追加
    tobias-tullius-4dKy7d3lkKM-unsplash

    ドラマ「イチケイのカラス」第8話が話題なので反応をまとめました。

    動画(TVer公式無料見逃し配信)
    ※期間限定配信

    キャスト:竹野内豊、黒木華、新田真剣佑、山崎育三郎、桜井ユキ、水谷果穂、中村梅雀、升毅、草刈民代、小日向文世

    あらすじ・・・
    入間みちお(竹野内豊)たちが所属する『イチケイ』に、事務官から書記官になるための研修生として、前橋幸則(渡辺佑太朗)と磯崎由衣(夏目愛海)がやってくる。部長の駒沢義男(小日向文世)は、合議制で扱う案件があるから立ち会うよう、ふたりにも指示する。
    案件は傷害事件だったが、その起訴状を見た坂間千鶴(黒木華)と浜谷澪(桜井ユキ)は驚く。被告人の潮川恵子(真凛)は、坂間が裁判長、浜谷が書記官を務めている窃盗事件の被告人だった。万引きの前科があった恵子は、再び店で万引きをして保安員に捕まっていた。恵子の万引きを目撃し、店側に伝えたのは、山寺史絵(朝加真由美)という女性だった。恵子は育児と義母の介護疲れから軽いうつ状態で服薬していた。そんな恵子と話した浜谷は、彼女は罪を認めて逃亡の恐れもないことから、在宅からの審理を坂間に進言したという。ところが恵子は、その間に史絵に暴行を加えて重傷を負わせていた。
    窃盗事件と傷害事件が併合されて開かれた第2回公判。恵子は、被害者の史絵が小学校時代の恩師だったことに触れ、4カ月前に万引きで逮捕されたときのことは恨んでいないと証言する。史絵にケガをさせてしまったのは、実は彼女が万引きをしているところを目撃し、それを止めようとした際に襲われて抵抗したからだと主張するが…。

    ※公式Twitter 
    【ドラマ「イチケイのカラス」第8話が話題!見守る会は見取り図!甥っ子に衝撃?感想・反応まとめ【竹野内豊・黒木華】】の続きを読む

      にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ このエントリーをはてなブックマークに追加
    gavel-1017953_640

    ドラマ「イチケイのカラス」第7話が話題なので反応をまとめました。

    動画(TVer公式無料見逃し配信)
    ※期間限定配信

    キャスト:竹野内豊、黒木華、新田真剣佑、山崎育三郎、桜井ユキ、水谷果穂、中村梅雀、升毅、草刈民代、小日向文世
    あらすじ・・・
    弁護士時代のみちお(竹野内豊)が最後に担当した12年前の東丸電機殺人事件。東丸電機の研究部主任だった被告人の仁科壮介(窪塚俊介)は、被害者である同社の経営戦略部部長・布施元治(中野剛)から研究部門の解体および製造部門への異動を命じられたことが原因で彼と度々トラブルを起こした挙句に撲殺した罪で、無期懲役を言い渡されていた。だが仁科は、判決後も無罪を主張し続け、獄中で命を絶ってしまう。仁科は、事件現場から逃げていく男を目撃したと主張していた。その男こそ、イチケイが扱った窃盗事件の被害者で、国税庁OBの志摩総一郎(羽場裕一)だった。この窃盗事件がきっかけで、志摩が所長を務めるオメガ会計事務所が、東丸電機を含む大手企業数社の脱税に関与していた疑いが浮上していた。
    坂間(黒木華)は、仁科の妹・由貴(臼田あさ美)を訪ね、再審請求をすれば12年前の事件の真相を明らかに出来ると説得するが、断られてしまう。そんな坂間と入れ違いで由貴を訪ねたのが、みちおの元同僚でもある弁護士・青山(板谷由夏)だった。ふたりの説得が功を奏し、再審請求を決意する由貴。弁護人を務めることになった青山は、ただちに会見を開き、今回の再審請求について公開での審理を求めた。
    再審を認める判決を受け、次長検事の中森(矢島健一)と検察官の小宮山(テイ龍進)は、期限の3日以内に「即時抗告申立書」を出すよう、城島(升毅)と井出(山崎育三郎)に命じる。「開かずの扉」と言われる再審請求――その扉は今回も開かないものと思われたが・・・。

    ※公式Twitter   【ドラマ「イチケイのカラス」第7話が話題!ついに真相が!?感想・反応まとめ【竹野内豊・黒木華】】の続きを読む

      にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ このエントリーをはてなブックマークに追加
    david-veksler-HpmDAS1Dozs-unsplash

    ドラマ「イチケイのカラス」第6話が話題なので反応をまとめました。

    動画(TVer公式無料見逃し配信)
    ※期間限定配信

    キャスト:竹野内豊、黒木華、新田真剣佑、山崎育三郎、桜井ユキ、水谷果穂、中村梅雀、升毅、草刈民代、小日向文世 ゲスト:バカリズム

    ※公式Twitter   【ドラマ「イチケイのカラス」第5話が話題!ゲストはバカリズム!感想・反応まとめ【竹野内豊・黒木華】】の続きを読む

      にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ このエントリーをはてなブックマークに追加
    kazuo-ota-uBeHuLaNu6k-unsplash

    ドラマ「イチケイのカラス」第5話が話題なので反応をまとめました。

    動画(TVer公式無料見逃し配信)
    ※期間限定配信

    キャスト:竹野内豊、黒木華、新田真剣佑、山崎育三郎、桜井ユキ、水谷果穂、中村梅雀、升毅、草刈民代、小日向文世 ゲスト:生田絵梨花、黒沢あすか

    あらすじ・・・
    みちお(竹野内豊)たちの元へ、あるバレエ団で起きた傷害事件の起訴状が届く。被告人は、バレエ団代表で振付師の槇原楓(黒沢あすか)。被害者はそのバレエ団の元トレーナーの矢口雅也(松木研也)だった。2人は口論からつかみ合いになり、槇原は矢口を突き飛ばした。頭を強く打った矢口は一命を取り止めたものの、現在も意識不明の重体だった。その起訴状を見た石倉(新田真剣佑)は驚きを隠せなかった。このバレエ団には、海外からも注目されているバレリーナ・馬場恭子(生田絵梨花)が在籍していた。実は恭子は、石倉の中学・高校時代の同級生で、初恋の相手でもあった。
    坂間(黒木華)が裁判長を務めた第1回公判。傍聴席には恭子だけでなく、何故か別の事件の公判を終えたばかりのみちおの姿もあった。冒頭陳述で、検察官の井出(山崎育三郎)は、トレーナーとしてバレエ団に在籍していた矢口が複数のダンサーに対してセクハラを行い、槇原に解雇されたことで一方的に恨みを抱いていたことなどを説明する。すると、『みちおを見守る会』の傍聴マニアから画用紙を借りたみちおが、「さっき、食い逃げの公判をやったんだよ。食い逃げとバレエ団、ふたつの裁判、ひとつにくっつけたいんだよ」と書いた紙を坂間に見せる。別々の事件であっても犯人が共通していたりする場合にまとめて審理する「併合審理」をしたいというのだ。坂間は、そんなみちおを退廷させるが・・・。

    ※公式Twitter
      【ドラマ「イチケイのカラス」第5話が話題!ゲストは生田絵梨花!感想・反応まとめ【竹野内豊・黒木華】】の続きを読む

      にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ このエントリーをはてなブックマークに追加
    bill-oxford-OXGhu60NwxU-unsplash

    ドラマ「イチケイのカラス」第4話が話題なので反応をまとめました。

    動画(TVer公式無料見逃し配信)
    ※期間限定配信

    あらすじ・・・
    入間みちお(竹野内豊)は、坂間千鶴(黒木華)を訪ねて裁判官官舎にやってきた彼女の妹・絵真(馬場ふみか)と出会う。絵真から、姉はどんな裁判官なのかと尋ねられたみちおは、裁判を傍聴してみてはどうかと言い出す。その後絵真は、みちおと一緒に、坂間が裁判官を務めたいくつかの公判を傍聴することに。そんな中、イチケイの部長・駒沢義男(小日向文世)は、家庭裁判所から逆送されてきたある少年事件を合議制で扱いたい、とみちおたちに告げる。被告人は17歳の望月博人(田中偉登)。半年前に高校を中退した博人は、レジャー施設でアルバイトスタッフとして働いていたが、あるとき売上金5000万円を盗んで逃亡。警察に逮捕されそうになった際には、繁華街のビルの非常階段から盗んだ現金をばらまいていた。みちおは裁判長は坂間がいいのではないかと提案し、坂間も決意を表明する。そして始まった第1回公判。博人は完全黙秘を貫き…。

    ※公式Twitter
      【ドラマ「イチケイのカラス」第4話が話題!少年犯罪回!ちょい役ゲストが豪華すぎ?感想・反応まとめ【竹野内豊・黒木華】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。